2013/02/24

TIZENのソースファイルをダウンロードしようとして、うまくいかん

Androidだとみんなやってるから、ちょっと違うことをしてみようかと思い、TIZENを見てみようと思った。

SDKは、書いてある通りにやって、インストールできた(Windows XP)。
では、せっかくなのでソースファイルもダウンロードしてみようと思った。

が、うまくいかない・・・。


TIZEN gbsセットアップ」という資料を見て、ツール類はなんとかなったと思う。
(うちは「gbs」とするだけでは設定ファイルができず、「gbs build」としないとできなかった。)

本家にも、ファイルの取ってき方は書いてある。
gbs cloneを使えばいいのだろう(誤記があって、gbsのパラメータにはgitファイルを指定する)。
それもまあ、わかった。

ソースファイルの場所はここ、ということも書かれている。
が、この膨大なプロジェクトの中からどれをダウンロードしたらいいのかがわからん。
Androidだと、repoを使って一括ダウンロードができるのだが・・・。

repoファイルをつくって提供している方もおられるのだが、さっきやったところでは接続ができなかった。
うーむ・・・。

Porting Guide、というページもあったので少し読んだが、こっちではgbsではなくoscというコマンドを使っている。
もう、訳がわからない・・・。


なんとなくわかったような気になったことだけ書いておこう。

  • アプリ側は「developer.tizen.org」、プラットフォーム側は「source.tizen.org」という棲み分けのようだ。
  • IntelがやっているからATOMとかかと思ったが、ARMで動く。
  • Tizen 2.0は2013/2/18にリリースされたらしい。1.0は「Larkspur」(植物:ひえんそう)、2.0は「Magnolia」(植物:木蓮)。ということは、次があるんだったら「N」で始まるのかな。
  • Tizen 2.0 alpha、というのは昨年出ていたらしい。
  • ときどき「IVI」という単語が出てくるが、「in-vehicle infotainment」の略らしい。よくわからんが、車載向けプロジェクトか何かみたい。Tizenの設定がときどき「ivi」のパスを指定していてダウンロードできない、みたいに書いてあるところがあった。

このくらいか・・・。
何もわかってねぇなあ・・・。


kernelだけgbsでcloneし、そこで「gbs build –A i586」と打つと、なにやらいろいろとダウンロードされて、ビルドされたように見える。
「-A armv7l」(あーむぶい7える)は、だめだった。

うーん、やっぱりわからんわ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。