2015/02/21

[libusb]libusb-1.0をcygwinでビルド

念のため、libusbを自分でビルドしてみよう。
今はcygwinのインストーラで入ってきたdllを使ったのだけど、もしかしたら実行している環境でビルドすると何か違うかもしれん。
まあ、そんなことはないんだろうけどさ・・・。

ソースがgithubにあった。
libusb/libusb

cygwinでビルドする場合は、INSTALLを見る。configure→make、というおなじみの流れのようだ。
あれ・・・configureがないやん。
よくわからんが、configure.acとかあるんで、作り出すことができるようだ。
configureの作り方(autotoolsの使い方) - メモ。。メモ。。
今は、これにlibtoolizeというコマンドを実行せんと、ltmain.shがない、というエラーが出るようだ。
最初に実行すればよいのかな?
出てから実行したので、順番はよくわからん。

あと、gccのバージョンによるのかもしれんが、stricmp()がないと怒られた。
これは、windows_usb.hの#defineを_stricmp()からstrcasecmp()に置き換えた。
c++ - g++ error: ‘stricmp’ was not declared in this scope (but OK for 'strcmp') - Stack Overflow

これでビルドできた。
が、結果は変わらん。
まあ、そうよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。