2014/05/10

[ble]SensorTag iBeaconの復習

iBeaconパケットの復習をしておこう。
といっても、SensorTagでしか試したことがないので、そのパケットだ。

1A : 全長
FF : Manufacturer Specific Data
4C, 00 : Company Identifier Code。これがAppleの企業識別子
02, 15 : おそらく、0x02はこのブロックが2バイトという意味で、0x15はこれ以降が21バイトという意味。
FA, 5F, 55, D9, BC, 63, 40, 2E, A2, 54, 09, 1B, 8F, E8, C9, 91 : iBeacon proximity uuid
00, 01 : major
00, 01 : minor
C5 : Tx Power

image

大きく載せなくてもよいのだけど、RSSIの0xC5は、2の補数で-59。

image

でもこれって、送信側のパケットよね。
RSSIじゃなくて、補正値みたいなものかしら?

ネットで見ていると、1m離れたところで受信すると、このRSSI値になるくらいの送信をしている、みたいな値らしい。
なので、送信ワット数のようなものかね。
この値は、SensorTagの設定で変更できる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。