2017/12/01

[vscode]WSL用の設定

今まで、Linux環境にVisual Studio Codeをインストールして、VNC経由で使っていたのだが、Windows10のFall Creator UpdateからWSLが正式になったので、けっこうな部分がWSL環境でも動くようになっていた。

じゃあ、WindowsにVisual Studio Codeをインストールして、ビルドだけWSLに任せればいいんじゃないの?と思ってしまうだろう。
思ってしまうものなのだ。
ただ、includeパスの設定は何とかできたとしても、通常のLinuxにあるようなものは無理なんだろうな・・・
と思っていたら、ちゃんと資料があった。

https://github.com/Microsoft/vscode-cpptools/blob/master/Documentation/Debugger/gdb/Windows%20Subsystem%20for%20Linux.md

これを追加すると、設定として「WSL」が増える。
もし切り替わっていなければ、画面右下にあるOS種別っぽいところをクリックして選択するとよかろう。


vscodeは毎月進化しているので、追っていくのが難しいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。