2013/05/09

FeliCa StandardとFeliCa Liteの見分け方

むりやり、ネタを作った感じで申し訳ない。

世の中には、FeliCa StandardとFeliCa Liteというものがある。
おそらく、FeliCa Standardに類するものを持っている人が多数だと思う。
nimocaしかり、Suicaしかり。

しかし、NFC Forum的には、FeliCa Liteの方が使いよい。
なぜなら、NDEF対応するのが簡単だからだ。それに、入手しやすいし。

そんなわけで、NFC開発をやっている人のところには、FeliCa StandardとFeliCa Liteがたくさん集まっている可能性が高い。
もしかすると「このカードって、FeliCa Liteだっけ、Standardだっけ?」となるかもしれない。
まあ、ならないのが普通なんだけど、そうなった将来に備えておいてもいいんじゃないかと思った。


答は簡単で、「システムコード0x88B4を指定したポーリングに応答があるかどうか」で決まる。
応答があればFeliCa Lite、そうでなければ、それ以外だ。

 

これで決まりだ、と思いたいのだが、実はそこまで確信が持てない。
FeliCa Liteのシステムコードは仕様として決められているが、FeliCa Standardのシステムコードが「0x88B4を使わない」という記述を読んだことがないからだ。
使うことはないと思うのだが・・・。

 

念のため、システムコード以外の区別方法も説明しておこう。
それは、FeliCa Standardにはあって、FeliCa Liteにはないカードコマンドを発行することだ。
FeliCa Liteに使えるコマンドは3つだけである。

  • Polling
  • Read Without Encryption
  • Write Without Encryption

FeliCa Standardともなると、コマンドはかなり増える。
「Request System Code」なんかは発行しやすいコマンドじゃなかろうか。
FeliCa Liteにはないコマンドが使えるなら、それはFeliCa Standardと考えてよかろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。