2017/11/02

[googlehome]IFTTTのThatをslackbotで受けとる

何をしたいのかだんだんわからなくなってきた・・・。

前回、IFTTTで、「This: Google Assitant」「That: Slack」にして、しゃべった内容をSlackに投稿するところまでは動いた。
しかし、slackbotはそれを読み込めず、例外が発生していた。


ログを出しながら見ていくと、msg['attachments'][0]['pretext']というところに文言が入っているようだった。

あまり深く考えず、pythonのslackbotを変更して、pretextを読むようにした。
https://github.com/hirokuma/slackbot/commit/c04aa038fb0c60d855adb5c4b8aefb6a777feba3


うん、これで@respond_toのparamsに文字列が入るようになって、slackbotも起動し、google-home-notifierを使ってしゃべってくれるようになった。

意味があるのかどうかはわからんが、

    1. 手元にあるGoogle Homeに話しかける
    2. Google Assistantが受け取る
    3. IFTTT経由でSlackが受け取って投稿
    4. それを相手側のサーバにあるslackbotが@respond_toで読込む
    5. nodejsでgoogle-home-notifierを使って文字列を送る
    6. 相手側のGoogle Homeがキャストしてしゃべる

という動作ができるようになった。

あとは、ここに翻訳APIを上手に挟めば、機械翻訳した言葉を相手に伝えることができそうな気がする。
ちょっと調べたけど、翻訳APIは有料サービスのところが多いのですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。