2014/06/30

[ble][nrf51]どこから手を付けようか

nRF51822というチップが手元にある。
デバッガもあるし、開発環境もある。

さて、どこから手を付けようか?

nRF51 SDKという環境と、それに付随してS110というSoftDeviceなるBLEスタックを含んだファームウェアというかミドルウェアというかがある。
私だってなるべく楽をしたいし、安全に使えるものであれば使いたい。


まず、SoftDeviceにはいくつかあるが、nRF51822には「S110」と「S120」が使える。
S110はBLEのperipheral用、S120はBLEのcentral用だ。
BLE_STACK_SUPPORT_REQDって定義を付けてビルドすると、peripheralとして使えるらしい(SoftDevice Handler Library)。

HPの内容をそのまま抜粋。

S110 SoftDevice

The S110 SoftDevice is a Bluetooth® low energy (BLE) Peripheral/Broadcaster protocol stack solution.
It integrates a Bluetooth low energy controller and host, and provides a full and flexible API for building Bluetooth low energy System on Chip (SoC) solutions.

Key Features

  • Bluetooth 4.1 compliant low energy single-mode protocol stack
  • Link layer
  • L2CAP, ATT, and SM protocols
  • GATT, GAP, and L2CAP pぢc  
  • Concurrent Peripheral and Broadcaster roles
  • GATT Client and Server
  • Full SMP support including MITM and OOB pairing
  • Complementary nRF51 SDK including Bluetooth profiles and example applications
  • Master Boot Record for over-the-air device firmware update
  • Memory isolation between application and protocol stack for robustness and security
  • Thread-safe supervisor-call based API
  • Asynchronous, event-driven behavior
  • No RTOS dependency
  • Any RTOS can be used
  • No link-time dependencies
  • Standard ARMR Cortex™-M0 project configuration for application development
  • Support for concurrent and non-concurrent multiprotocol operation
  • Concurrent multiprotocol timeslot API
  • Alternate protocol stack running in application space

nRF51 SDKを補完するものらしい。
ただ、SoftDeviceを使うようにしておくと、いろいろと面倒なことをせずに済む、という記事もあった。

うーん、もう少し絞りたい。
S110について知ればいいのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。