2016/10/15

[ubuntu]16.04にアップデートしてからsambaがインストールできないのはsmb.confだった

うちは、VirtualBox上にXubuntu 16.04.1をインストールしている。
元は14.04で、アップグレードで16.04になり、16.04.1になった。

そしたら、sambaがinstallできていないことに気付いた。
14.04で動かしていたので、そのまま動いていると思い込んでいたのだ。

 

別の環境で、16.04.1を直接インストールしたのだが、そちらでは何もなくインストールできた。
どうも、アップグレードした場合に発生しているようだ。


どう失敗するかというと、smbdの起動のようだ。

Setting up samba (2:4.3.11+dfsg-0ubuntu0.16.04.1) ...
Job for smbd.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status smbd.service" and "journalctl -xe" for details.
invoke-rc.d: initscript smbd, action "start" failed.
dpkg: error processing package samba (--configure):
subprocess installed post-installation script returned error exit status 1

 

updateサーバをMain Serverにしたらできた、という人もいたのだが、うちではダメだった。
メッセージに従い、コマンドを打ってみる。

$ systemctl status smbd.service
● smbd.service - LSB: start Samba SMB/CIFS daemon (smbd)
   Loaded: loaded (/etc/init.d/smbd; bad; vendor preset: enabled)
   Active: failed (Result: exit-code) since 土 2016-10-15 08:41:59 JST; 2min 19s ago
     Docs: man:systemd-sysv-generator(8)

10月 15 08:41:53 xxx-VirtualBox systemd[1]: Starting LSB: start Samba SMB/CIFS daemon (smbd)...
10月 15 08:41:58 xxx-VirtualBox smbd[23962]:  * Starting SMB/CIFS daemon smbd
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox smbd[23962]:    ...fail!
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox systemd[1]: smbd.service: Control process exited, code=exited status=1
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox systemd[1]: Failed to start LSB: start Samba SMB/CIFS daemon (smbd).
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox systemd[1]: smbd.service: Unit entered failed state.
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox systemd[1]: smbd.service: Failed with result 'exit-code'.

 

$ journalctl -xe
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox systemd[1]: snapd.refresh.timer: Adding 1h 46min 1.727239s random time.
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox systemd[1]: Started CUPS Scheduler.
-- Subject: Unit cups.service has finished start-up
-- Defined-By: systemd
-- Support:
http://lists.freedesktop.org/mailman/listinfo/systemd-devel
--
-- Unit cups.service has finished starting up.
--
-- The start-up result is done.
10月 15 08:41:59 xxx-VirtualBox systemd[1]: Started ACPI event daemon.
-- Subject: Unit acpid.service has finished start-up
-- Defined-By: systemd
-- Support:
http://lists.freedesktop.org/mailman/listinfo/systemd-devel
--
-- Unit acpid.service has finished starting up.
--
-- The start-up result is done.
10月 15 08:42:01 xxx-VirtualBox sudo[22965]: pam_unix(sudo:session): session closed for user root
10月 15 08:42:32 xxx-VirtualBox anacron[628]: Job `cron.weekly' terminated
10月 15 08:42:32 xxx-VirtualBox anacron[628]: Normal exit (2 jobs run)
10月 15 08:44:29 xxx-VirtualBox pkexec[24316]: pam_unix(polkit-1:session): session opened for user root by (uid=1000)
10月 15 08:44:29 xxx-VirtualBox pkexec[24316]: pam_systemd(polkit-1:session): Cannot create session: Already running in
10月 15 08:44:29 xxx-VirtualBox pkexec[24316]: xxx: Executing command [USER=root] [TTY=unknown] [CWD=/home/xxx]

うーん、よくわからん。
もう一度、MainServerに変更してから試す、というのをやってみよう。
upgrade - Samba does not launch after upgrading to 16.04 - Ask Ubuntu


まずは、更新しておこう。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade

sambaをpurge

$ sudo apt-get purge samba

設定も移動させておこう。

$ sudo mv /etc/samba ~/

GUIのSoftware & Updatesで、Main Serverに変更して、もう一度sambaをインストール。。。
ダメだ。エラーだ。

 

あら、/etc/sambaって、インストール時にデフォルトを作ってくれないんだ。
コメント欄にも、smb.confがどうのこうのと書いてあるので、極力コメントアウトしてみよう。

・・・インストールできた。
statusも正常そうだ。
system-config-sambaもインストールできた。
Windows10からもアクセスできた。
そうか、そういうことか・・・。

2 件のコメント:

  1. 自分も同じ部分で失敗し、困っております。

    よろしければ、「あら、/etc/sambaって、インストール時にデフォルトを作ってくれないんだ。
    コメント欄にも、smb.confがどうのこうのと書いてあるので、極力コメントアウトしてみよう。」

    の部分をもう少し詳しく教えていただけますでしょうか。

    無知で申し訳在りません
    よろしくお願いいたします

    返信削除
    返信
    1. 当時の記憶は無いのですが、おそらく、
      =====
      1.Ask Ubuntuの回答に「secure=xxx」と書いてあるので、smb.confのそこをコメントアウト
      2.それでもダメだったので、手当たり次第にsmb.confの行をコメントアウト
      =====
      ということを行って、どこかでうまくいったので「極力コメントアウト」という記載になったのだと思います。。。

      削除

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。