2014/09/17

[nrf]Em::Blocks

Em::BlocksでNordic ARMが対応されたということなので、少し試すことにした。
と書くと、やったことがある人のように見えるが、知識は何もない。

今まではEclipseでやっていたが、その場合もEclipseが何かするのはGDBからで、それまではMakefileをたたくだけなので、GUI環境が変わったとしても、そんなに影響はないだろう。
ただ、上記サイトにあるconvSD.batなんとかがよくわからない。

インストールすると、特になんというものもなく終わった。
新規プロジェクトを作ると、Nordic ARMが候補にあるので、上記サイトのように進めると、何かできた。
アイコンをクリックしてビルドすると、ELFファイルができあがっていたので、失敗はしていないようだ。

 

convSD.batは、私の環境ではここにあった。

C:\Program Files (x86)\EmBlocks\2.20\share\EmBlocks\templates\wizard\arm\Nordic\softdevices

そこにs110フォルダがあったので、SoftDeviceを解凍して、convSD.batを実行した。
したんだけど、アクセス権がないからか、うまくいかなかった。
アクセス権を付けたが、s110.cの生成がうまくいかなかった。
どうもサブフォルダに出力できないっぽいので、あきらめてカレントディレクトリで生成するようにして、手動でコピーした。

何をしているかというと、どうもHEXファイルをバイナリ(C言語の配列)に置き換えるようなので、毎回焼くようなことになりそうだ。
それに、Makefileを使うわけでもないようだ。

うーん、今の私では、あまりメリットは感じないため、採用は見送ろうと思う。
「ここがいいよ」みたいなものがあったら、また考えよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。