2015/01/19

[nrf51]nRF51 SDK v7から提供方法が変わった!

久々にNordicのnRF51822ページを見ると、IoT SDKなるものが入っていた。
IPv6どうのと書いてあるが、とりあえずダウンロードしておこう。
(まだ、そういうレベルまで追いついていない。。)

ついでに、インストールしているSDKが新しくなっていないかを、My pageで確認した。
うん、6.1.0が最新のようだ。

新しいSDKは、BLEのシーケンス図とかが載っていないのでつらいんだよなー、とNordicのドキュメントページを見ると、なんと図が付いているではないか!
URLを見ると、v7.2.0になっている。
v7.2.0 ??

URLを上までたどっていくと、nRF51 SDKのページにたどりついた。
こんなページは知らなかった・・・。
よくよくnRF51822ページを見ると、HowToDownload_nRF51_SDK.txtというテキストファイルも加わっていた。
そこに、このページのことが書かれていた。


なんか、いろいろと変わったようだ。
SDKが変わったというよりも、とにかく提供方法が変わったみたい。
今までのMSIインストーラはやめて、CMSIS packにするとのこと。
KEILで使われているパッケージ形式なのかな。

gccのようにKEILを使わない人用にもSDKは用意されていた。
よかったよかった。
・・・と言いたいところだが、まだ先があった。
SDKのフォルダ構成が変わっているのだ!

image

こんな感じだ。
ソースファイルとインクルードファイルが同じフォルダに置かれるようになったみたいなのと、examplesなどからgccのMakefileが消えた(armccはあるが)ことから、今回のSDKをgccに置き換えるのは一苦労しそうだ。
あ、"armcc"じゃなくて"armgcc"というフォルダ名だった。
armccだとARM社が出してるコンパイラだけど、armgccは単にARM版のgccじゃないかな?
そう期待しておこう。


IoT SDKのドキュメントをちょっと見たら、nRF51 SDK v7.1.0をベースにしているとのこと。
やはり、v6系は捨ててv7系に行くのがよいのか。

v7.2.0のリリースノートを見ると、gccはgcc-arm-embedded 4.7 2013q1で確認しているとのこと。
SoftDeviceはS110 7.1.0をサポートしているようなので、現状でよさそうだ。
サポートしているボードは、PCA10028, PCA10031, WT51822(S110)で、それ以外はドキュメントを読むかSDK V6.x.xを使え、とある。
まったく、悩ませるやつだ・・・。

今日はこれだけ調べるだけで疲れ果てたので、また後日。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。