2015/03/20

[mbed]NUCLEOにバニラシールドを載せる

STMのNUCLEOは、Arduino互換のピン配置になっているとのこと。
では、バニラシールドが載せられるかも、と思い、スイッチサイエンスさんから買って載せてみた。
足の長いコネクタもセットで購入している。

image

写真が暗いな・・・。
横から見ると、こんな具合(まだ基板とコネクタはハンダ付けしていない)。

image

ハンダ付けしてないので、基板とスイッチが当たってるけど、基板とコネクタを密着させてからハンダ付けすれば当たらないくらいのスペースがある。
気になるなら、スイッチのキャップを取るのもよいだろう。

基板の前後をひっくり返したらよいのでは?と思ってやってみたが、コネクタの配置間隔が右と左で違うので、全部のピンを有効にしつつひっくり返すのは無理そうだ。
まあ、そこまでしてボタンが使いたいなら、基板を切ってしまう方がよいかも。
ユニバーサル基板って、切るのが大変だったから、私はそこまでやらない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。