2015/06/27

[nrf52]サンプルを動かす

買ったまま放置されていたnRF52 Preview Developer Kit(以下、nRF52 DK)だが、まずは書いてある通りに動かしてみよう。

こちらは、SoftDeviceがない、LEDを光らせるサンプルだ。
Getting Started

書いてある通りにやるだけ。
Keilのプロジェクトを開いて、リビルドして、ダウンロード。
ダウンロード前に、PCとnRF52 DKをUSBで接続しておかないといかん。
初めてダウンロードってのを使ったときだけかもしれないが、Firmwareをアップデートしますか?と聞かれた。
Strong recommandとか書いてあったのでOKすると、J-Linkの画面とかプログレスバーとかが出てきて、勝手に何かやってくれた。
そして、光り出した。順番に光って消えるというのを繰り返している。

image

 

次は、SoftDeviceありのサンプルを動かす。
まず、SoftDeviceを焼く(今はs132_nrf52_1.0.0-3.alpha)。
私はnRFgo Studioを使った。
焼くと、こんな感じ。

image

あとは同じ要領でKeilのプロジェクトを開き、RebuildしてDownloadするだけ。
BLE Snifferで見ると、ちゃんとAdvertisingした。
さすがCortex-M4だけあって、Advertisingも速いぜ(違います)。

 

そんな感じで、ボードはBLE含めて動いているようだ。
さて、次はnRF51822で作ってたサンプルを移植することですかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。