2016/07/17

[nrf52]LPC-Link2でCMSIS-DAPしようとしたがわからん

LPC-Link2を持っているので、nRF52832のデバッガとして使えるか試そうとしたが、eclipseで認識させる方法が良くわからなかった。

 


CMSIS-DAP用にする

JP1はオープンにしたまま、「Program LPC-Link2 with CMSIS-DAP」を起動する。
JP2はどうでもよいかもしれんが、私はオープンにしていた。

image

次々とボードに焼いていくようになっているので、焼き終わったら終了させる。

image


OpenOCDでやるようなので、Win32用にビルドしてあるものと、CFGファイルだけもらってきた。

http://gnutoolchains.com/arm-eabi/openocd/

https://raw.githubusercontent.com/ntfreak/openocd/master/tcl/target/nrf52.cfg

これでやったのだけど、CMD_INFOが失敗した、とかいわれてダメだった。


このまま終わるのも残念なので、Keilを立ち上げた。

image

うん、ちゃんとCMSIS-DAPとして見えている。

HRSサンプルもエラーなくビルドできたので、LOAD。。。

image

なんだ?
どうも、Flash Downloadの設定が消えていたようなので、追加。

image

そしてLOAD。。。

image

http://www.keil.com/support/docs/3824.htm
DeviceFamilyPackを8.6.0以降にせよ、と書いてあるな。
確かにSDKサンプルでは、8.5.0固定だったのだ。

最新が8.7.1だったので変更すると。。。同じじゃないか。。。

Insufficient RAM for Flash Algorithms !

というエラーが出ている。

どうも「RAM for Algorithm」のサイズが足りないらしい。
https://devzone.nordicsemi.com/question/18017/insufficient-ram-for-flash-algorithms/

0x2000にすると焼けたし、デバッグもできる。


じゃあ、あとはEclipseでCMSIS-DAPでのデバッグ方法がわかればよいだけか。
安定していそうな、ねむいさんスペシャルを使ってみよう。
http://nemuisan.blog.bai.ne.jp/?eid=192848#OPENOCD

 

ocd>openocd -s tcl -f interface/cmsis-dap.cfg -f target/nrf52.cfg
Open On-Chip Debugger 0.10.0-dev-00325-g12e4a2a-dirty (2016-07-06-07:39)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
       
http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html
Info : only one transport option; autoselect 'swd'
adapter speed: 10000 kHz
cortex_m reset_config sysresetreq
Error: CMSIS-DAP command CMD_INFO failed.

だめかー。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。