2012/01/28

[rw]リーダライタRC-S620/Sへアクセス

私はNFCリーダライタとして、SONYのRC-S370とRC-S620/Sを持っている。

RC-S370は、USB接続である。
そのため、通信するにはドライバが必要になる。

RC-S620/Sは、組み込み用なのでケーブルなどは特殊ではあるが、シリアル接続である。
よって、シリアルをうまく扱いさえすれば、ドライバを書かずにアクセスできる。

SONYのリーダライタだけでなく、他のリーダライタも似たような感じだと思う。
通信の方法と、通信データがわかれば、どうにかして使うことができる。


私は、RC-S620/SにCP2102を接続して、パソコンとつなげている。
シリアルになれば、プログラムを書くのが比較的楽になる。

いや、動作を見たいだけであれば、プログラムを書く必要もない。
RC-S620/Sのプロトコルをバイナリファイルで作成して、TeraTermなどで送信するだけでいいのだ。
プロトコルが正しければ、リーダライタは応答を返してくれる。
正しくなければ、おそらく無応答だ。
無応答なのは、セキュリティのためだろうね。


と、この流れでプロトコルの話までしたいところだが、そうはいかない。
RC-S620/Sのドキュメントには、プロトコルのことは載っていないのだ。
簡易マニュアルにはいくつか書かれているが、それを説明してもしかたあるまい。

この1年で、NFCドライバをいくつか見てきたので、書かれていないプロトコルもいくつかわかっている。
が、そういうものを記事に書くのは、ちょっと気が引けるのだ。
PN533ならプロトコルのドキュメントが入手できるならいいけど、PaSoRiなどは入手できないからだ(私も持ってないよ)。

入手できないからこそ説明するんじゃないか!と言われそうだが、曖昧な情報を流すのもいやなものなのだ。
それに、著作権とかいろいろと関係しそうな気がするので、及び腰になってしまう。

まあ、私も1年くらいかけてずいぶんとわかった気がするので、興味がある方も1年くらい眺めていれば、習わぬ経を読む、ではないけど身についてくると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。