2012/01/04

[llcp]シーケンスが遅々として進まず

正月ボケを改善しようと思い、LLCPのシーケンスを引いていた。
が、英語の解釈に時間がかかり、遅々として進んでいない。
少しだけ更新できたので、アップした。
https://sites.google.com/site/hiro99ma/home/experiment/snepunit/llcp

個人的なものだと思うが、LLCPの英語は訳しにくい。
訳しにくいと言うか、何をいっているのかよくわからないことがしばしばある。
ひとことでいえば、相性が悪い、というところだろう。

引いていないシーケンスは、AggregationとSymmetry、1.1になって追加されたService Discoveryだ。
今まで引いたシーケンスの中では、タイムアウトの概念がなかった。
Symmetryはその関係みたいだ。
Aggregationはよくわかっていない。
LLC Link Managementのみが使用する、と書かれているのだが、いったい何のことやら。
集合体、みたいな意味なので、複数PDUをまとめて送信することで効率を良くするのかもしれない。
Service Discoveryは、SNEPとかそんなのと関係するのだろう。
まだまだこれから読まねば。

ここで5章のシーケンスを全部引っ張ったとしても、MACのところも読まないといかんだろう。
エラー系のことはまだ読んでないから、いつかは見なくては。
各PDUの詳細も知る必要があるだろうし、やることは山のようにある。
高いなあ、山が。
その次に実装だろう。
実装したときの動作確認相手は、nfcpyにお願いしよう。
まだ使ったことはないけど、今のところ一番信用できる。
私にできるのは、そこまでだろうな。
その間に、今年は何かNFCの遊び物が出てくるんじゃないかなー、と思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。