2012/01/18

[qt]SAKの解析をするアプリを作ってみた

SAKというのは、SEL_RESのことだ。
NXPのドキュメントに沿って、解析・・・というほどでもない。
このくらいのアプリなら、Qt初心者に最適だろう、と思って作ってみた。

うん、ほどよかった。
解析部分だけ、載せておこう。
Qtっぽいのは、QStringを返す部分だけだがね・・・。

QString analyzeSak(int hex)
{
    uint8_t sak = (uint8_t)(hex & 0xff);
 
    if(sak & 0x02) {
        return "RFU";
    }
    if(sak & 0x08) {
        if(sak & 0x10) {
            return "MIFARE 4K";
        } else {
            if(sak & 0x01) {
                return "MIFARE Mini";
            } else {
                return "MIFARE 1K";
            }
        }
    } else {
        if(sak & 0x10) {
            if(sak & 0x01) {
                return "MIFARE Plus 4K(SL2)";
            } else {
                return "MIFARE Plus 2K(SL2)";
            }
        } else {
            if(sak & 0x20) {
                return "ISO/IEC 14443-4";
            } else {
                return "MIFARE UL";
            }
        }
    }
 
    return "unknown";
}

 

GUI側は、16進数になる文字列しか受け付けないようにしたり、メニューバーにActionをつけたりとか、華々しい(?)ことをしている。
それでも、コード量は少ないな。

もちろん、C#でも同じことはできるし、開発環境はすぐれていると思う。
でも、Qtだと「組んでる」という気分になれるので、楽しい。
技を覚えていきたいところだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。