2017/07/12

[zybo]PetaLinux (5)

毎日暑いですね(これを書いているときは夏)。
汗で肌がペタペタします。
ん、ぺたぺた?
そういうときは、PetaLinuxだ!
・・・済みません、疲れてます。


なんとなくこうじゃないか、でEthernet PHYを解決するのは無理そうなことが分かってきたが、エラーも出ないのでよくわからないという状況だ。
前回の最後で、Hardentというところのファイルを2つダウンロードしたのだけど、眺めてもそれっぽいものが見当たらなかった。
まあ、見て分かるほど熟練していないせいかもしれないが、少なくとも簡単にわかりそうなものはなかった。


方針としては、Generic PHYではなく、ZYBOで使われているRTL8211EのPHYを探す、ということにした。
もし見つかって、入れてもダメだったら、また考えよう。

となると、まずはkernelのconfigからだろう。
PetaLinuxではpetalinux-configを使っているが、そもそもどういうオプションがあるのだろうか。

$ petalinux-config --help
petalinux-config             (c) 2005-2013 Xilinx, Inc.

ERROR: You are not inside a PetaLinux project. Please specify a PetaLinux project!
Configures the project or the specified component with menuconfig.

Usage:
   petalinux-config [options] {--component <COMPONENT> |--get-hw-description[=SRC] |--searchpath <--ACTION> [VALUE]}

Options:
   -h, --help                      show function usage
   -p, --project <PROJECT>         path to PetaLinux SDK project.
                                   default is the working project
   --oldconfig                     takes the working configuration
   -c, --component <COMPONENT>     Specify the component
                                   If no component is specified, it will do
                                   top level subsystem configuration only
                                   project: to configure the whole project
                                   If you specify other component,it will
                                   configure that component
                                   E.g. -c rootfs
   --get-hw-description [SRC]      get hardware description.
                                   if [SRC] is specified, look in that
                                   location for an Vivado export to SDK directory.
                                   Otherwise, this MUST be run from
                                   WITHIN the vivado export to SDK directory.
   --defconfig [DEFCONFIG_TARGET]  defconfig the specified component.
                                   It only applies to kernel for now.
   -v, --verbose                   verbose mode

「-c kernel」でkernelの設定ができたのだが、kernelとrootfs以外にcomponentがあるのだろうか?

まあいい、普通にkernelのconfigを見ておこう。

image

うーん、いきなり当てが外れた。
悔しいので、他のPHYは外して、RealtekとXilinxの2つ(画像の下2つ)にチェックしてみよう。

Ethernet Driverもたくさんあるけど、Cadence MACB/GEM、Intel PRO/100 PCI-Express Gigabit、Intel(82586/82593/82596)、あとはXilinx devicesをデフォルトのままにしてみる。

うん、ダメだね。
Generic PHYだったよ。


それ自体はもうよいのだけど、kernelのconfigまで気にしだしたということは変数が2つになったということなので、もしどちらも条件が一致しないと動作しないようであれば、ますます解決が難しくなりそうだ。

まあ、疲れているときに考えてもよいアイデアは出ないので、寝よう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。