2014/07/10

[ble][nrf51]S110をひもとこう (4) - nAN36 - (2)

誰のためにというわけでもなく、自分のために記録している。
だってねぇ、忘れると思うから。
後から読み返して、これとこれはやらなくてもよかったな、と思うかもしれない。
そういう記録なのだ。

では、SoftDevice S110のためにアプリケーションノートnAN36を読んでいこう。
今日は3章が読み終えたらいいな、というところ。


3 Minimal BLE application overview

最小限なにをしないといかんか、という説明だ。

 

3.1 Overview of initialization

ここには概要の説明が表形式で並んでいる。
「Initialization call」「Ways to achieve this」「In LED Button demo app」の3列になっているのだが・・・どう感じるとよいのか。
「やりたいこと」「有効にする方法」「LED Buttonアプリでの実装箇所」くらいか。

やりたいこと 方法 実装例
BLEを有効

・SOFTDEVICE_HANDLER_INIT()
・sd_softdevice_enable()

ble_stack_init()
イベントハンドラの追加 SOFTDEVICE_HANDLER_INIT() ble_evt_dispatch()

 

やりたいこと 方法 実装例
デバイス名の設定 sd_ble_gap_device_name_set() gap_params_init()
adveertisingデータの設定 ・ble_advdata_set()
・sd_ble_gap_adv_data_set()
advertising_init()
接続パラメータ ・ble_conn_params_init()
・sd_ble_gap_ppcp_set()
conn_params_init()

 

やりたいこと 方法 実装例
serviceの追加 sd_ble_gatts_service_add() ble_lbs_init()
characteristicの追加 sd_ble_gatts_characteristic_add() ble_lbs_init()

 

やりたいこと 方法 実装例
advertising開始 sd_ble_gap_adv_start() advertising_start()

 


すまん、今日は力尽きたのでここまで。

しかし、3章の説明はほぼこのくらいで終わりだ。
最近流行りのBeaconはadvertisingだけで終わるけど、connectしてからが面白そうだと思っているので、BLE自体をもう少し理解しないといかんですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。