2011/07/09

q5 : SLSI_SC6410

SmartQ5のソースファイルを見ていると、"SLSI_SC6410"というキーワードが出てくる。
SC6410というのは、SmartQ5で使われているチップだ。


どうでもいいけど、こういうときに何と呼ぶのかよくわからん。
ARMは、コアだ。
CPUでいいのかな?
今の仕事で使うものは、マイコン、と呼んでいるが、それは"CPU"だけでなく、周辺機器の機能も多分に含んでいるからだ。
まあ、メモリも外にあるし、CPUでいいかな。


SC6410というのは、SmartQ5で使われているCPUだ。
つまり"SLSI_SC6410"というのは、SC6410用に変更した箇所ですよ、といいたいのだろう。
Sは"Samsung"なのかな。

気になったのは、このマクロをどこで定義しているのか。
device/か? ・・・ない。
build/か? ・・・ない。
prebuilt/か? ・・・ない。
えーい、全部grepしてしまえ!

・・・一例をあげよう。

./external/alsa-utils/Android.mk:LOCAL_CFLAGS  += -DSLSI_S3C6410

そう、各々で指定しているのだ。
えー、そうなのー、と思った私である。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。