2011/07/15

cygwinでlibusb

cygwinでlibusbを使ってみたくなった。

ソースファイル一式(libusb-1.0.8.tar.bz2)をダウンロード。
解凍して、configure。

・・・OSがだめって。

こういうときは、まずsetup.exeから探してみよう。
あったあった。
libusb-1.0。
そして・・・私は既にインストール済みだった・・・。

ならば、とソースに入っていたサンプルのlsusb.cをコンパイル。

$ gcc -o lsusb lsusb.c

インクルードファイルがないと。
ソースでは<libusb/libusb.h>となっていたので、一式に入っていたlibusb.hを使おう。

$ gcc -I.. -o lsusb lsusb.c

今度はリンクで引っかかる。
-lusbでもだめだったので検索すると、libusb-1.0.aがあった。

$ gcc -I.. -o lsusb lsusb.c -lusb-1.0

これでもだめ。
うーむ。

cygwin版とソース版ではAPIに違いがあるのかも。
検索すると、/usr/include/libusb-1.0/libusb.hがあった。
そんなわけで、ソースファイルを<libusb-1.0/libusb.h>に変更。

$ gcc -o lsusb lsusb.c -lusb-1.0

おー、通った。


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。