2015/12/24

[nrf51]DFU example

nRF5 SDK v11が出そうなところだが、出てしまう前にS110でDFUを試しておこう。
nRF Master Controlアプリがちょうど更新されたところなので、少し変わったところがあるかも。

 

SDK v10のドキュメントは、DFUの説明が多少古い。
ソースを正として扱おう。
また、DFUサンプルは32KBのRAM用にできているので、メモリマップなんかは適当に変更する。
ブートローダモードで起動したいなら、LEDはいいとしても、ボタンは用意しておくとよいだろう。
アプリが無ければブートローダモードで起動するらしいのだが、なんかうまくいかんかったのだ。

 

nrfjprog.exeで焼くように書かれているのだが、引数が変わっている。
書き込めなかったら、nRFgo Studioで消してからやろう。

image

 

焼くと、こんな配置に見えている。

image

 

スマホアプリは、こんな感じ。
ZIPファイルはGoogleドライブとかに置いておいても開ける。

imageimageimage

ZIPファイルの作成は、nrfutil.exeを使う。
Pythonファイルをexe変換しただけのような感じもするが、よくわからんのでそのまま使っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。