2015/12/20

Visual Studio Team Servicesという名前になっていた

PC/SCのサンプルを作るとき、githubに置こうかと思った。
が、こういうときでもないとVisual Studio Onlineを使わないよなあ、と思ってログインした。

image

名前が、Visual Studio Team Servicesになっていた。
いつの間に!


これだけだとあんまりなので、先にVisual Studioでソリューションを作った後で、VSTSの管理下に置く方法を調べよう。
Gitじゃなくて、Team Foundation Version Controlの場合。
プロジェクトを作るときにはソース管理する気持ちがなかったけど、やっぱりやろうと思った、というときだ。

 

image

まずチームエクスプローラーを開いたのだが、さっきのPcscSample01が残ったままになっている。
「新規作成」を選んでも、新しいプロジェクトを作る動きになるし、「開く」としても単にプロジェクトを開くだけだし。

と思ったら、メニューに「ソース管理に追加」というのがあった。
これだったのか・・・。

image

image

image

ただ、この次のダイアログで、行き詰まった。

image

チームプロジェクト、というのがリポジトリみたいな位置づけなのだと思うが、これを作ることができない。
いったん、ここは引いて、ブラウザで操作しよう。

 

image

この「New」をクリック。

image

PcscSample02というプロジェクトを作ろうかと思ったけど、さっきのメニューからすると、1つプロジェクトを作っておき、その下に似たようなソリューションをぶら下げていくのがよいのかな?と思った。
なので「PCSC」という名前にしておこう。

image

そして、もう一度Visual Studioでソース管理に追加。

image

うーん。
チームプロジェクトの場所にはPCSCが増えたのでいいけど、一番下の「ワークスペース」の候補に出てこない。
チームプロジェクトと、ソリューションと、ワークスペースと、全部別のものなのか?

わからんので、OKしてみよう。
image

怒られた。

 

チームエクスプローラーのホーム画面に戻る。

image

image

追加ボタンを押して、ローカルに「PCSC」というフォルダを作って、VSTSのPCSCと関連づけた。

 

PcscSample02をPCSCフォルダの下に移動させるため、一度ソリューションを閉じ、エクスプローラでPcscSample02フォルダごとPCSCフォルダの中に移動。
チームエクスプローラーの「ソリューション」で、ワークスペースとして「PCSC」を選択し、「開く」で移動させたPcscSample02を開く。

とすると、自動的にソリューションが追加されるかと思ったが、そうではないようだ。

image

これで、入った。

image

 

続けて、プロジェクトを追加。

image

よくわからんが、赤い波線が出ているので、バインドの解除。

image

さっきはソリューションの追加だったが、今度はプロジェクトの追加になっている。
きっと、きっとこのやり方は正しくないんだろうと思うんだけど、やり方がわからん。

image

次の画面で、コメントを入力して「チェックイン」すると、ファイルが登録されたようだ。
実に、すっきりしないが、とりあえず登録できた。


そういうわけで、正しい使い方かどうかわからないが、プロジェクトを登録できた。

でも、Gitでいいなら、Gitでやろうと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。