2016/06/11

[bds]Characteristic設定を128/16bit設定は伊達じゃない

image

この赤枠で囲んだところの話だ。
UUIDの表示を16bitにするか128bitにするかなのだが、Pluginによるソース生成にも影響を及ぼしていた。

 

Android Clientの場合、名前として「サービスUUID_キャラクタリスティックUUID」という文字列を作ることがしばしばあるのだが、そのキャラクタリスティックUUIDが16bitで出力される。
しかし、内部では128bit前提になっているため、いろいろ一致しないでnullになったりしていたのだ。

 

Nordic Serverの場合も似たようなもので、service_init()で16bitとして処理しようとするためか、サービスのUUIDは128bitで、キャラクタリスティックのUUIDは16bitにしようとしてしまい、変なことになる。
何というか、Generic Access ServiceのUUIDをベースにした128bit UUIDになっているようだ。

 

不具合やん!と思ったのだが、ちゃんと登録した企業であれば16bit UUIDが使えるからね。。。
128bit UUIDで使いたいなら128bitで、16bit UUIDで使いたいなら16bitで、ということだ。
見た目だけじゃないってことですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。