2016/12/16

Git Extensions 2.49でcloneのフォルダが前と違う

http://hiro99ma.blogspot.com/2016/11/gitwingitextensions-249.html

Git Extensionsがv2.49になって使っているが、cloneが以前と違うので多少困っている。

 

たとえば、D:\Prog\tmp\abc、というフォルダの下にcloneしたかったとしよう。
シェルと統合していれば、コンテキストメニューから「Clone」を選ぶことができる。

image

以前は、Destinationに選択しているフォルダ名が入っていたように思うが、1つ上のパスになったようだ。

ここでリポジトリを入力すると、こうなる。

image

Subdirectory to createがリポジトリ名になるのは以前からなのだが、このままやってしまうとabcというフォルダの下ではなく、その上にcloneされてしまうのだ。

何回かcloneしても場所が違っていて、操作を間違えたかと思ったのだが、そういうことらしい。

 

せめて、Subdirectory to createがカレントディレクトリのままであれば、選択したフォルダにそのままcloneするようになる、という解釈もできたのだが、コンテキストメニューで使うコマンドが変更されたりしたのだろうか?

解決してないので、なんかわかったら追記しよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。