2012/02/21

[nfc]touchanoteが届いた

届かんなー、といっていたtouchanoteが届いていた。

touchanote1

カナダの切手だ。
♪ラブレターフロムカナダ~、という歌が脳裏をよぎった。

 

touchanote2

10枚セットのを買って、10ドル。確か800円しなかったはず。さすが円高。
10枚と、1枚はEvernoteシール(これもタグ)だ。

 

残念なことに・・・私はNDEFを全部読めるようなソフトを持ってない。
NFC-Fなら、FeliCaランチャーとかでいけるんだけどね。

とりあえず、自作のMifare Ultralightリーダソフトでアクセス。

image

こんなのが読めた。
だから、Ultralightなのだろう。


NDEFは読めないが、バイナリデータは読める。
読んでみよう。

 

04-41-5F-92
1A-D9-26-80
65-48-00-00

E1-10-12-00

01-03-A0-10
44-03-13-D1
01-0F-55-01
74-6F-75-63
68-61-6E-6F
74-65-2E-63
6F-6D-FE-00
00-00-00-00
00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00

 

Ultralightは、Type2タグだ。
なので、NFCForum-TS-Type-2-Tag_1.1.pdfを開く。

p.5を開いてくれたまえ。
ここに、メモリ構造が載っている。
64byteある。
例がp.29にあるので、そっちの方がわかりやすいかも。

 

04-41-5F-92
1A-D9-26-80
65-48-
00-00

最初のブロックの0~2は内部用。
赤文字は、Lock0/Lock1と呼ばれるデータ。
全部のビットが0だと、ブロック3のCC以降の読み書きが可能。
全部のビットが1だと、読み込み専用になる。
ということは、このシールは読み書きできるのだな。

 

E1-10-12-00

ブロック3の「CC」というのは、Capability Containerというらしい。
日本語に直訳すれば「能力容器」。
ちなみに「capability」は「けいぱびりてぃー」という発音になる。
「きゃぱびりてぃー」と読んで恥ずかしい目に会わないようにしよう(私みたいに…)。

0xE1は、NDEFのことらしい(p.21)。

 

01-03-A0-10
44-03-13-D1
01-0F-55-01
74-6F-75-63
68-61-6E-6F
74-65-2E-63
6F-6D-
FE-00

ここら辺にデータが入っているのだろう。
めんどくさいので資料無しで推測すると、赤文字のところは文字コードっぽい。

74-6F-75-63
t    o   u   c
68-61-6E-6F
h   a   n   o
74-65-2E-63
t    e   .    c
6F-6D
o   m

ほら、当たった。
データの頭から解析していくのが筋ではあるのだが、今回のようにURLが入っていそうなデータならば、文字コードらしき場所を探し当ててから見てみた方が早い。

臨機応変に、ですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。