2012/02/15

[qt]シリアルデバイスを扱うクラスがあった

急にQtだ(Qだけにね)。

私が勤めている会社にも、やれ個人目標だ、やれ啓発目標だ、なんだかんだある。
そろそろ年度末なので、やっとかんといかん。

目標は4月くらいに出すので、今の目標は昨年4月に出したものだ。
たしか、NFCとQtをそれぞれ何かやる、と書いた気がする。
(あまり細かいことは気にしない性格。)

NFCは、けっこうがんばった方じゃないかと思う。
しかしQtの方はすったりだ。
ときーどきー、くらいのペースでしかやっていない。

そんなわけで、最後の技として、QtでRC-S620/Sを扱うような簡易クラスを作ってごまかそう、と目論んでいる。


といっても、Qtから使うとか深いことを考えなければ、C++で作ったものがある。
特殊なことはあまりしていないので、Qtのシグナルとか使うことを考えなければ、そのまま動くと思う。

しかし、それではあんまりなので、せめてシリアルデバイスくらいはQtでやってやれば、マルチプラットフォームっぽい感じが出るんじゃないだろうか。
玄関に門松と餅を置いたらお正月気分が出るのと同じ理屈だ(?)。

 

さて、Qtにシリアルポートを操作する標準クラスがあるかというと、なさそうだった。
ユーザの人が、有志でやっているものがあるようなので、それを使わせていただこう。

私が見つけたところでは、この2つがあった。

特にどっちがどう、という思い入れもないので、動けばいい。
何も考えずにQt Creatorにproファイルを喰わせて、ビルドできる方にしよう。

 

はい、今回はQSerialDeviceになりました。
注意としては、src\corelib\kernel\qwineventnotifier_p.h、みたいなのがいるようなので、ソースごとダウンロードして、それっぽい場所を作ってコピーした、というところだろうか。

使い方も何も見てないけど、サンプルをビルドして動かすと、Windowsの使用中シリアルポート一覧がコンソールに出てきた。

ほほー、というくらいで、APIの使い方も、ビルドの方法すらも調べていない。
まあ、初日はそんなもんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。