2013/01/27

[openocd]0.7(dev版)を実行させたときのログ

Windows XPの新規インストール中・・・。
ARM-USB-TINY-Hのドライバを入れ直したりしたので、記録を残しておく。

OpenOCDの0.7から、FM3のmb9bfxx8が使えるようになったようだ、という確認だ。
以前より転送速度が遅くなっているような気がする(前は11KiB/sくらいだったような)が、まあ細かいことはよかろう。

Open On-Chip Debugger 0.7.0-dev-00145-gd631b2e-dirty (2013-01-24-00:15)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
	http://openocd.sourceforge.net/doc/doxygen/bugs.html
Info : only one transport option; autoselect 'jtag'
adapter_nsrst_delay: 100
jtag_ntrst_delay: 100
trst_only separate trst_push_pull
adapter speed: 500 kHz
cortex_m3 reset_config sysresetreq
Info : max TCK change to: 30000 kHz
Info : clock speed 500 kHz
Info : JTAG tap: mb9bfxx8.cpu tap/device found: 0x4ba00477 (mfg: 0x23b, part: 0xba00, ver: 0x4)
Info : mb9bfxx8.cpu: hardware has 6 breakpoints, 4 watchpoints
Info : accepting 'telnet' connection from 4444
auto erase enabled
Info : Fujitsu MB9Bxxx: Sector Erase ... (0 to 1)
Info : Fujitsu MB9B500: FLASH Write ...
wrote 32768 bytes from file asp.srec in 4.343750s (7.367 KiB/s)
Info : accepting 'gdb' connection from 3333
Warn : acknowledgment received, but no packet pending
requesting target halt and executing a soft reset
target state: halted
target halted due to breakpoint, current mode: Thread 
xPSR: 0x01000000 pc: 0x00000100 msp: 0x1fff1f48
Info : dropped 'gdb' connection

XPを入れ直してから、LiveWriterのCodeSnippetが動かなくなってしまった。
.NETのSDKをインストールすればよさそうではあるが、もういいや。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。