2011/05/01

omap kernelが立ち上がらん

vfatにuImage(ここではuImage4。なんで4なのかは忘れた)をコピーしたが、立ち上がらん。
mmc1 is available
reading uImage4
2809336 bytes read
## Booting kernel from Legacy Image at 80300000 ...
Image Name: Linux-2.6.39-rc1-10027-gb229edf-
Image Type: ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
Data Size: 2809272 Bytes = 2.7 MB
Load Address: 80008000
Entry Point: 80008000
Verifying Checksum ...
OK
Loading Kernel Image ...
OK
OK Starting kernel ... Uncompressing Linux...
done, booting the kernel.

ここで止まっている。

カーネルは読んでるし、解凍もできたようなのだが。。。
幸い、古いSDカードにfroyoが残っていたので、試してみよう。

mmc1 is available
reading uImage.froyo
2426168 bytes read
## Booting kernel from Legacy Image at 80300000 ...
Image Name: Linux-2.6.32.9-g4bb5ff4-dirty
Image Type: ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
Data Size: 2426104 Bytes = 2.3 MB
Load Address: 80008000
Entry Point: 80008000
Verifying Checksum ...
OK
Loading Kernel Image ...
OK
OK Starting kernel ... Uncompressing Linux..........
............................................................................................................................................... done, booting the kernel.
Linux version 2.6.32.9-g4bb5ff4-dirty (以下略)


Uncompressingからの長さが違うな。
そういえば今回から、カーネルの圧縮方法を指定できるようになったみたいなのだ。
$ file arch/arm/boot/uImage
arch/arm/boot/uImage: u-boot legacy uImage, Linux-2.6.39-rc1-10027-gb229edf, Linux/ARM, OS Kernel Image (Not compressed), 2809272 bytes, Sun May 1 16:51:03 2011, Load Address: 0x80008000, Entry Point: 0x80008000, Header CRC: 0xDA9AB35F, Data CRC: 0xA145C802
昔のは、こう。

$ file uImage
uImage: u-boot legacy uImage, Linux-2.6.32.9-g4bb5ff4-dirty, Linux/ARM, OS Kernel Image (Not compressed), 2426104 bytes, Sun Nov 7 16:01:44 2010, Load Address: 0x80008000, Entry Point: 0x80008000, Header CRC: 0x3D308B03, Data CRC: 0xE998A8D9
違いはそんなにないな。
圧縮もGZIPなので、同じだと思う。

うーむ。
Ubuntuを10から11に変えた直後なので、そこら辺も関係するかもしれないと思ったが、以前動いていたカーネルをリビルドしなおしたものは、ちゃんと動いた。
そっか。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。