2011/05/25

そもそもOTGとは (4..end) - SRPの必要性

HNPは「自分がHostになる」というような交渉をするプロトコルだ。
これは、ケーブルのA/BでHost/Peripheralが決まるという仕様があるので、必要性がわかる。

では、SRPはなぜ必要なのだろう?
その説明が、Maximのページにあった。

おおざっぱに言えば、眠ってしまったHostを起こすためのものだ。
携帯電話が、USBでつながっているとする。
Host側は常にVBUS(電源)をPeripheralに供給しないといけないけど、通信してないのでHostがVBUSを落として眠ってしまったとしよう。
そのとき、Peripheral側の端末が起きて、通信したくなったとする。
ここでSRPが役立つ。
「SRPパルス」なるブロックをD+(信号線)に載せると、Host側はVBUSを生かして起き上がるらしい。


4回に渡って調べたことで、OTGの概要はだいたいわかったと思う。
あとは実践だ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。