2011/05/25

OTGであることをすこしわかってくれた

OTGのことだけ調べていても飽きるので、少し動かしてみた。
sysfsのところを見てみると、なにやら見えるらしい。
miniBを接続して、PCに挿してコンソールを操作。

# cat /sys/devices/platform/musb_hdrc/mode
b_peripheral

おお、自分が周辺だってわかってるんだ!
では、USBを外してやってみよう。

# cat /sys/devices/platform/musb_hdrc/mode
b_idle

おお。
ちょっとうれしい。

自分に周辺機器をつなぐとHostになるのかな?

# cat /sys/devices/platform/musb_hdrc/mode
b_idle

それはなさそうだ。
やはり、miniBケーブルだからだろう。
なぜminiBだとそうなるかというと、4pinの扱いがオープンだからだ。
Hostになるためには、GNDにおちてないといかん。
それがルール。

しかし、だ。
きっとソフト的にやる方法もあるはずだ。
うちのSmartQ5ってUSBシリアルケーブルが使えるけど、ソフト設定するとminiBケーブルでadbできるのだ。
そこまでやらないかんですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。