2012/03/20

[win]WindowsのVirtualBoxでもandroid-x86が動いた

Windows XP SP3(32bit)にインストールしたVirtualBoxで自分ビルドのandroid-x86-nfcを動かそうとしたが、PaSoRiの検索に失敗して動いていなかった。

前回、libusb関係を削除してみたが、結局だめだった(Windowsはちゃんと起動した)。
今使っているのは、ORACLEのVirtualBoxだ 4.1.10 r76836だ。
ダウンロード先はORACLEじゃなくて別のところだったけど(ネットが重たかったので)、まあ違いはないだろう。

最新版では直っているかも、と探したが、そういうものもないみたい。
VirtualBoxのダウンロードページを見ると「Extension Pack」なるものがあった。
USB 2.0デバイスをサポートした、というようなことが書かれている。
PaSoRiって、別にそんなわけでもないと思うけど、とりあえずインストール。

USBデバイスの設定で、EHCIコントローラを有効にできるようになったので、チェック。
念のためUSBデバイスフィルタに登録していたPaSoRiを削除して、もう一度追加。

そして起動すると・・・おお、PaSoRiがポーリングし始めた!
(私の携帯電話は、もっぱらポーリング検出器と化している。)

そんなわけで、動かすことはできました。
よかったよかった。


android-x86でPaSoRiをNFCチップに見立てた環境を作ろう、というシリーズ。

 

けっこう、書いているな。
ここに書いているときは、それに満足してしまって、開発資料を残していないことがしばしば。

今回も、また然り。
少しでも記憶が残っているうちに、何か残しておこう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。