2012/05/26

NFC勉強会2はArduino率が高かった

福岡NFC勉強会の2回目から帰ってきた。
(主催者のまどろみさん、おつかれさまです)

 

今回の私は、「FALPとLLCP」というスライドを公開した。
公開、というのか。展示、ではないとおもうが。

私としては、FALPでもLLCPでもなんでもいいから、データを吸い上げたいだけだ。
しかし世の中の事情がそう簡単にはできていないので、うちの環境ではどっちも実現できないもどかしさを墨絵によって表現した。
・・・いや、墨絵ってのは嘘だがね。

 

聞いていた発表は、かなり興味深いところだった。
そこら辺は、他の人の紹介にお任せします。

 

基本的に、私は外に出て行くタイプの人間ではないので、社外勉強会に出ると驚かれる。
一応フォローしておくと、誘われたからでたんですよ! です。
3回目のお誘いはどうなるか、わからんです。
でも、主催者が今年までだし・・・などと悩むところでもあるが、まあそれは私の問題だ。


今回の勉強会に行ってわかったのは、Arduino率が高いということ。
私はArduinoを持ってないので、あー、とか、うー、とか思いながら見てたが、話には入れなかった自分に忸怩たるものがある。
深く恥じ入っているわけではないが、悔しいというところか。
業界とか情勢とか把握してなくて、話を聞くだけになってたところも多いがね。

 

しかしまあ、Arduinoはよくできていると思う。
使ったことはないけど、液晶に画面を出して「1ヶ月くらいしかやってないんですよ」っていわれると、そう思わざるを得ない。
持っている人の割合が非常に高かった。

まあ、こうやって時代に取り残されていくのだろうな、と寂しく笑い、私は天神を去った。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。