2011/06/06

WinUSBを試す

唐突だが、WinUSBを試してみた。
まあ、予想は付くだろうが・・・accessorychatみたいなものをWindowsで実現させてみようというわけだ。
まずは手始めに、WinUSBがどんなものかを試したというところ。

雑誌Interfaceの2010年2月号に資料があるので、ほぼそれを見ながらやっただけだ。
やったというか、サンプルを動かしただけ。
相手はBeagleBoardなので、ベンダIDとプロダクトIDだけ対応させた。
まあ、接続はできたけど、そこから先は失敗している。

WinUSBのいいところは、作業がアプリだけになるというところ。
アプリというか、ミドルというか、ドライバよりも上位層でよいというか。
あまりめんどうなことはしたくないので、ちょうどよさそうだ。

もう1ついいところは、無料入手の開発環境だけでやれるというところ。
Windowsでは、これが一番気になっていたのだ。
もちろん、お金を取るのが悪いわけではない。
ないんだけど、ちょろっと作るだけの人にとってはね・・・。

Linuxでいいやん、という気もするが、それはそれで面白くない。
どうせやるなら、いろんなプラットフォームで動いた方が楽しい。
といっても、Macの環境は持ってないので、LinuxかWindowsになってしまうのだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。