2011/06/04

仮想バッテリードライバがなかった

my-kernel(TI提供)、my-androidで起動しないので、logcatを見た。

I/SystemServer(  870): Battery Service
W/dalvikvm(  870): No implementation found for native Lcom/android/server/BatteryService;.native_update ()V
W/dalvikvm(  870): threadid=9: thread exiting with uncaught exception (group=0x40015560)
I/Process (  870): Sending signal. PID: 870 SIG: 9
E/AndroidRuntime(  870): *** FATAL EXCEPTION IN SYSTEM PROCESS: android.server.ServerThread
E/AndroidRuntime(  870): java.lang.UnsatisfiedLinkError: native_update
E/AndroidRuntime(  870):     at com.android.server.BatteryService.native_update(Native Method)

そういえば、BeagleBoardにはバッテリーがないから、仮想バッテリードライバがあるといいよ、という記述を読んだ記憶がある。
使っていたkernelは、それが入っていたのだろうが、TI環境ではAndroidからバッテリーチェックをはずしているのだろう。
うんうん、きっとそうだ。

こちらを見ながら変更。
http://d.hatena.ne.jp/bs-android/20090603/1244043649

・・・変わらん。
と思ってlogcatを見直すと、これがあった。

W/dalvikvm(  830): No implementation found for native Lcom/android/server/BatteryService;.native_update ()V


なんでこれが出るかというと、これだ。

E/BatteryService(  866): Could not open /sys/class/power_supply

JNI登録の前でエラーがあるため、できてないのだ。
これはkernelのせいで、おそらく私がオプションを外したのだろう。
CONFIG_POWER_SUPPLYか。

では、有効にして置きかえると・・・・
あ、起動した!!
TIカーネルで自ビルドAndroidが起動できましたわ。
やっt・・・・・

あれ、モニタが消えた。。。(つづく)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。