2011/06/04

TI-kernelで自分ビルド環境が立ち上がったが、固まった

タイトルどおりだ。

前回、BatteryService側を変更して、強制的にフル充電状態を作り出した。
そうすると、いままでandroid起動アニメーションから抜けられなかったものが、とうとうHOME画面まで到達した。
もちろん表示されたのは、DisplayLink側だ。



したのだが、真っ暗になってしまった。
kernelがpanicも出さずに固まったようだ。
最後にログが出ている。


/SurfaceFlinger( 845): About to give-up screen, flinger = 0x94670
PM: Syncing filesystems ... done.
Freezing user space processes ... (elapsed 0.01 seconds) done.
Freezing remaining freezable tasks ... (elapsed 0.01 seconds) done.
Suspending console(s) (use no_console_suspend to debug)


これはどうも、電力管理のような気がする。
うん、Androidのバックライト消灯時間を長くすると、同じ時間では落ちない。
困ったことに、復旧はしてくれないが、まあいいや。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。