2011/10/10

[bb]Linuxを動かす (2)

さて、ここからは手探りだ。

今まではAndroid向けに動かしていたので、シェルらしいシェルもない。
busyboxがあればいいのだけど、それではこのスペックにはもったいない気がする。
Qtを動かすのが目的なので、なにかウィンドウシステムがほしいところだ。


そんなわけで、Qtのビルドページを見てみよう。
http://processors.wiki.ti.com/index.php/Building_Qt

Qt Embeddedのソース、それとTIの提供するソフトウェアパッケージのリンクがある。
まあQtはいいとして、わからないのは残りだ。
DVSDK、PSP、GFX SDK。

順に見ていくか。


DVSDK

http://software-dl.ti.com/dsps/dsps_public_sw/sdo_sb/targetcontent/dvsdk/DVSDK_3_00/latest/index_FDS.html

DVのSDK。
DVは「Digital Video」のようだ。
とりあえずSetup.binをダウンロードして、chmodで+xして実行させた。
すると、インストーラが起動して、自分のhome下にインストールされた。


PSP

http://software-dl.ti.com/dsps/dsps_public_sw/psp/omap3_00/03_00_00_04/index_FDS.html

Platform Support Package。
ここでダウンロードするのは、PSPのSDKみたいだ。


GFX SDK

http://software-dl.ti.com/dsps/dsps_public_sw/gfxsdk/3_01_00_06/index_FDS.html

OMAP3530には、POWER VR SGX Graphicsとか、DSPとかが載っているので、それを使うためのSDKなのだろう。
ダウンロードだけしてみようとしたが、my.TIの会員登録が必要そうだった。
うーむ、と思ったけど、とりあえず登録してダウンロードした。


と、ここまでやっていて思ったが、この「Building Qt」は、文字通りQtをビルドするための環境について書いてあるのか?
しかし、ARM用のQtライブラリなんてないだろうから、やっぱり自分で環境を作るしかないか。
気にせず続きを読んでいこう。

ここまでは単に、リンクはここにありますよ、だけで、これらをどうするのかは書かれていなかった。
ちょっと早まってしまったようなので、落ち着こう。


Setting up Target before Qt Build

Qtをビルドする前に、ターゲット環境の設定をしよう。

  • PSPに、MLO、u-boot.bin、uImageとファイルシステムが入っている。
  • Graphics SDK GSGをよんどけ?

PSPにファイルシステムは入ってるんだけど、ramdiskかnfsのなのだな。jffs2もある。
しかし私はSD上にパーティションを作って、そこに置いておきたいのだ。ext3とか4とかで。
まあ、何とでもなるので、ここは手順通りにやってみよう。

コンパイラは、やはりCode Sourcery。
注意書きとして「kernelやfilesystemをビルドしたのと同じバージョンを使え」とある。
PSPのManifest htmlファイルを見ると、2007q3を使っているらしい。
うちにインストールされているのは、2010.09-50みたい。

https://sourcery.mentor.com/sgpp/lite/arm/portal/subscription3057

あれ、でもPSPのPDFファイルでは、2009q1となっているな・・・。
どちらを信用したらいいんだ?
PDFには、PSPのバージョンが書いてある。
Manifestには、バージョンが書いていない。
よって、PDFを信じることにしよう。

2009q1も2種類あったけど、これはupdateの方にした。
Ubuntuでbinファイルを実行したら、dashはだめだ・・・っていわれた。
今までbashだと思い込んでいたが、実はdashだったらしい。
よくわからぬまま、コンソールに出てきたまま実行して、No、と答えるとbashになった。

bootargsは、動かすときに読めばいいや。


ここから先は、実際にQtのビルドになる。

ひとまず休憩だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。