2016/05/25

Windows10でcygwinのコマンドがランダムにエラーを起こすので64bitにした

hiro99ma blog: Windows10でcygwinのgccがランダムにエラーを起こすが、rebaseallか

rebaseallしたが、その日は安定していたような気がしたのだけども、今日は全然ダメだった。
gccではなく、makeからforkして処理するものがダメだったようだ。

 

Windows10 Pro 64bitで起きている人が多そうだった。
私もそうだ。
rebaseで直らない人もけっこういる。
その中で「64bit版のcygwinにしたらよかった」という人がいた。

もうどうしようもなかったので、32bit版のcygwinを削除して、64bit版にした。
今のところ、それで動いている。
32bit版でビルドしたものは再ビルドが必要なのだけど、幸いWindows10にしたばかりなので資産は少ない。

 

cygwinとともに、TeraTermをインストールすると入っているcygtermも使っていた。
これは、以前は「64bit版は自分でビルドしてね」だったのだけど、今はTeraTermのインストール時にcygwinのバージョンをチェックして、自動的に32bit/64bit版を切り替えたcygtermをインストールしてくれるのだ。
コンテキストメニューからの「Cygterm Here」も使える。

うーん、ありがたい。
これだったら、32bit版は削除せずによかったのかも(心配だったので削除して、64bit版をc:\cygwinにインストールした)。
けれども、同じものが2つあるとろくな事がないのもよくある話なので、よしとしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。