2011/02/15

PaSoRiを買う

とうとう、PaSoRiを買った。
RC-S370だ。
黒い・・・そしてLEDがない・・・が、これは仕方がない。

PaSoRiはパソコン用、Windows用。
ソフトもいろいろと充実しているし、なにより使っていてもびくびくしなくてよい。
今まで「誰が買うんだろう」と思ってたけど、自分が買うとは思わなかったな。

なんで私が携帯電話をあまり(ほとんど?)使わないかというと、ネットを使いたくないからだ。
ネットを使うと、なんとかホーダイじゃないかぎり、使うたびに金がかかる。
それは、いやだ。
かといって、なんとかホーダイにするほど使うこともない。
ならば、なるべく使わないで済むようにしたいではないか。

このPaSoRi、ジャストシステムさんからいくつかソフトがダウンロードして使える。
「かざして転送」シリーズだ。
これがもう、私が今までちまちまやってきたことをやってくれるのだ。

何かというと、テキストや画像を携帯電話にFALPで転送してくれるのだ。
ほら、たまに会社の飲み会とかあるではないか。
URLとか地図とか書いてあるけど、まあ覚えられない。
かといって、職場から直接行ったりするので、メモしておきたい。
印刷するほどでもないし、かといって携帯電話にメールで転送するのも金がかかる。
もちろん、ブラウザからアクセスして、なんてのはもってのほかだ。

いつもは、カメラを起動して、パソコンの画面を撮影してたのだ。
地図なんかは撮影しにくかったらSDカードに保存するのだが、携帯電話からも見える構成にしないといけないので、わざわざ取説なんかを参照しながらやってたのだ。
まー、めんどくさいわ。

それがこの「かざして転送」を使うと、そんな手間が不要だ。
簡単に転送してくれる。
いやぁ、ありがたいわぁ。

そんなわけで、かなり気に入った私であった。


しかし、PaSoRiの購入には裏の目的もあった。
いや、こちらが本題か。

RC-S620/SというR/Wを買った私だけど、相手からどう見えるかよくわかってないのだ。
相手というのは、当然R/Wだ。
まあ、今やR/Wとカードの境目は曖昧なのだが、とにかくSONY/FNさんがきちんと実装したアプリたちから自分がどう見えるのか、あるいはどう見えないのかを知りたかったのだ。

昨日はさっそく、FeliCaランチャーをだませるかどうか試していた。
結果は、失敗。
よくぞ私の罠をかいくぐった!
さすがSONY/FNさんである。

でもねー。
そこまでチェックしないところも多々あると思うのだ。
別にセキュリティ破りをしたいわけでもなんでもないので、システム的な脆弱性はつぶしてほしいものだ。
これは、SONY/FNさんの指導も必要だけど、各実装側の認識も必要なのだ。

IDmだけでは危険ですよ!と警告して終わろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。