2016/08/06

Xubuntu 16.04にcaffeを入れ直す (4) - end

もう、燃え尽きてきました。。。

まずは対象となるnVIDIAのボードがないと話にならないので、古いPCから持ってきた。
NVIDIA GeForce GT710とのこと。
Windows10のデバイスマネージャでは、こう見えている。

image

 

https://www.virtualbox.org/manual/ch09.html#pcipassthrough

よくわからんが、VBoxManageコマンドを使ってアタッチさせるらしい。
サイトでは「02:00.0@01:05.0」となっていて、@の前に書いてある方がlspciで見えている。

00:02.0 VGA compatible controller: InnoTek Systemberatung GmbH VirtualBox Graphics Adapter

これがうちのguestで見えているグラフィックスボードなので、まねしてみた。

> vboxmanage modifyvm "xubuntu" --pciattach 00:02.0@01:00.0

エラーが出た。
3行くらい出るのだが、最初がこう。

VBoxManage.exe: error: Host PCI attachment only supported with ICH9 chipset

Hostって、今だとWindows10側ということだよな。
ICH9チップセットしか対応していないというのは、この設定項目のことか?

image

後から変更して動くのかなぁ。。。やってみるけどさ。

> vboxmanage modifyvm "xubuntu" --pciattach 00:02.0@01:00.0
>

変更したら、エラーは出なかった。
では、VMを起動して・・・・しなかった。
VERR_PDM_DEVICE_NOT_FOUNDとかで、セッションが開けないんだとか。
vboxmanageを実行する前に起動させていたのだが、これは成功したので、ICH9に変更したことが理由ではなく、vboxmanageで変更した方が影響していると言うことになる。

> vboxmanage modifyvm "xubuntu" --pcidetach 00:02.0

うん、起動した。

エラーダイアログに、Extension Packがどうのこうのと出てくるが、今は5.1.2のPackが入っているので大丈夫だと思う。


ん、VirtualBoxのPCIパススルーの章の1行目になにか書いてあるぞ?

When running on Linux hosts, with a recent enough kernel (at least version 2.6.31) experimental host PCI devices passthrough is available.

ぐはぁ。。。
最初の一歩から道を踏み外していたとは。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。