2016/08/07

Xubuntu16.04にアップグレードしたら起動が遅くなったが、swapだった

Xubuntuを16.04にしたのだが、久しぶりに起動したせいもあるかもしれないが、ずいぶん起動が遅くなったように感じた。
こんなもんだったっけ、と思ったが、起動時にぐるぐる回っているときにAlt+Rを押すと起動ログが見えるようになることがわかり、見てみた。
なんか、diskなんちゃらというところで1分半待った後でタイムアウトしていた。

その後にswapどうたらこうたらと出ていたので検索すると、/etc/fstabに書いてあるswapのUUIDと、実際のUUIDが不一致だからだろう、というのが見つかった。

見てみると、確かに違った。
これって、GPartedで「swap on」にしても書き換えてくれないんですな。。。
手動で/etc/fstabを開いてUUIDを変更すると、普通になった。
16.04にしたせいなのか、実は以前からだったのに気付かなかったのかは不明だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。