2015/10/28

[hw]ESP8266とWROOM-02

ESP8266はこちら。
http://espressif.com/en/products/esp8266/

そしてESP-WROOM-02はこちら。
http://espressif.com/en/products/wroom/

今回買ったのは、WROOM-02という、ESP8266EXが載ったボード。
WiFiができてホストとATコマンドでやりとりするボード、くらいに思っていたのだが、もっとパワフルだ。
どちらかというと単体でも動けるし、ATコマンドでやりとりもできるし、というところか。

ESP8266EXは、Transilca社のLX106というものをコアプロセッサにしているとのこと。
WROOM-02はそれに加え、プログラム用にSPIのFLASHメモリが32Mbits、つまり4MByte分載っているようだ。
WROOM-02のピンとしてはSPIも出てるけど、FLASHメモリともつながっているから、使いたいときはChip Selectを制御しながらやりなさい、ということなのだろう。
購入したピッチ変換基板にはSPIなどが出されていないのは、あまりそういう使い方はしないから減らしておこう、ということなのかな。

そして、そのSPI FLASHをUART経由で書き換えることができて、それがESP8266を「UART Download Mode」で起動した場合なのだろう。
ESP8266のHardware User Guide v1.1によると、2つのモードがあるとのこと。

  • UART Download mode
  • Flash Boot mode

UART Downloadモードは、ダウンロードツールを使ってFLASHかメモリにプログラムをダウンロードできる。メモリに焼いた時は再起動したら消えますよ、と書いてある。まあそうだろう。

焼き方は、こちらが詳しそうだ(私はまだやってない)。
ねむいさんのぶろぐ | ESP-WROOM-02を使ってみる2 -外付けSPIフラッシュの書き換え-

 

そういうのを、あちこち読みながらようやく理解した。
いやあ、奥が深いというか、ちゃんと調べないといかんですなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。