2013/03/09

[cygwin]curlに失敗するときはcurlrcを作るのだ

Androidの環境を取り直そうと、cygwinでrepoしようとした。
ビルドはできないけど、ソース取得くらいはできる。

まずは、repoを取ってこないと。

curl https://dl-ssl.google.com/dl/googlesource/git-repo/repo > repo
curl: (77) error setting certificate verify locations:
  CAfile: /usr/ssl/certs/ca-bundle.crt
  CApath: none

知らないエラーが・・・。
ネットで調べると、.curlrcを作ればいいようだった。

$ echo insecure >> ~/.curlrc

よかったよかった。


だけでは済まなかった。
repoは取って来れたが、まだまだエラーが。

 

gpgもいる。
cygwinだと、gnupgって名前だった。
http://d.hatena.ne.jp/Kazzz/20110307/p1

curlじゃないところで、同じようにcertificateが出た。
これは、ca-certificateという名前のをインストールするのだと。
http://d.hatena.ne.jp/kakkun61/20121008/1349632271

ここまで行くとずいぶん進んだのだが、repo syncがうまくいかん。
Kazzzさんのところではpython2.5をインストールするようになっていたが、今のcygwinは2.7が最新で、戻しても2.6までだった。。
もう少し探すと、rebaseallするように書かれていた。
http://www.crystal-creation.com/software/technical-information/smart-phone/android/information/source/download.htm

そういえば、xpのときも何かするときにrebaseallしてたな。。。そのおかげでrepoもうまくいってたのか。
rebaseallするとなんかskipしたようなメッセージが出るのだが、これは無視していいらしい。
http://cygwin.com/ml/cygwin/2012-07/msg00664.html

 

そうして、repo syncできるようになって、何時間かかるのか心配できるようになりましたとさ。
めでたしめでたし。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。