2013/03/05

[TortoiseGit]XPからWin7にして権限がいるようになった

XP(32bit)からWin7(64bit)にして、いろいろと違いに困っている。
たぶん、XPからWin7にしたことよりも、32bitから64bitにしたことに起因していると思う。
ブルースクリーンでよく死んでしまうのだが、XP時代に使っていたソフトで32bitのものが関係しているように思う。

 

さて、プログラムならまだしも、ファイルになるとわかりづらい。
今回困ったのは、TortoiseGitで管理していたファイル。
Githubにpushしようとしたのだが、ppkファイルの設定ができずにエラーが・・・。

Pagentを別に実行してしまっておけばなんとかなるのだが、せっかくなので自動起動させてしまいたい。
となると、やっぱりSettingsから設定しておいた方がよかろう。
Settingsの実行ファイルのプロパティで「管理者権限で実行」にチェックを入れたのだが、解決しなかった。
うーむ。。。

結果としては、.git/configファイルのアクセス権限を変更すればよかった。
32bit/64bitうんぬんの前に、NTFSか何かの書き込みアクセス権がなかったので怒られていたようだった。

となると、他のファイルも同じようになるということか。。。
めんどうだな。
アカウントの設定に何かしておけばいいのかもしれんが、ようわからんわ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
スパムかもしれない、と私が思ったら、
申し訳ないですが勝手に削除することもあります。